ルーレットの遊び方、ゲームとしての難易度

カジノにおいて最もスタンダードなゲームといえばルーレットです。

ルーレットの遊び方

用いるのは回転するリング状のボードで、そこには38個あるいは37個の数字が描かれています。

ここへディーラーがボールを落として止まった場所の数字を当てるのが基本的なルールです。

当然ながら当選確率が低いものほど、大きな利益が見込めます。1点がけなら配当は36倍で、2点になれば18倍です。ルーレットの横には必ずコインを賭けるための専用ボードが設置されています。

2点がけする際はコインを数字の間にある線に置くようにしましょう。

他にも6点同時や1列がけなど確立を上げる方法は多岐にわたります。
ルールの中で最も当たりやすいのが、色を当てるやり方です。

ゼロを除いて全ての数字には赤か黒が割り当てられています。単純な方法ですがこれでも配当は2倍ですので、一度に多くのコインを賭けるなら最適といえるでしょう。

同様に数字の大きい小さいを当てるハイアンドローも2倍配当です。

ただこれらの方法はゼロにボールが入ってしまうと無条件に外れとなってしまいます。
このようにルーレットのルール自体は簡単なため、遊ぶだけなら難易度は低めです。

ただ当選を狙うのであれば厳しい勝負を強いられます。

1点がけの数字や列の数字を増やせば色当てなどよりも確立は高まることでしょう。

しかし腕利きのディーラーならば、ある程度はボールの落下位置を操作することが可能です。

単なる運任せではなく人間同士の心理戦も絡んでくることがルーレットの隠れた特徴といえます。

コメントを残す

このページの先頭へ