ジャックポットの遊び方、ゲームとしての難易度

「ジャックポット」というゲーム用語をご存知ですか。

「ジャックポット」は、カジノゲームのスロットマシーンにおける当たる確率が非常に低い、その分高配当の大金が期待できる「大当たり」を指し示す言葉です。

つまり、カジノゲームのスロットマシーンにおいて「ジャックポット」を当てることが出来たら一攫千金を意味します。

その分当たる確率は非常に低いのが難点です。

なお、カジノゲームで使用されるスロットマシーンは、日本で楽しめるスロットゲームと機械の仕組みはほぼ同じです。

一方で確率やルールが大きく違う点には注意が必要です。

たとえば日本のスロットの多くで必要となる「目押し」などは不要です。

これは、日本の法律に合わせて改造した結果スロットの機能上は不要な目押しが必要な作りになっているためです。

また、海外のラインは複数あるのが一般的で、「マックスベット」と呼ばれる全てのラインに賭ける遊び方が基本です。

そのため、当選確率は高めな一方1回のゲームの掛け金は日本のマシーンより少し高く感じるかもしれません。

また、ジャックポットの当たり機能のあるマシーンでは、プレイヤーが投入した現金の一部がプール、つまり確保されています。

そしてプレイを繰り返す中でボーナス図柄がそろった場合のみボーナスゲームに突入しジャックポットが狙えるようになるのです。

日本のマシーンでもカジノをまねてこの機能があるマシーンもあるので、すでに「ジャックポット」を当てたことがある方もいらっしゃるかもしれません。

コメントを残す

このページの先頭へ